So-net無料ブログ作成
博物館美術館 ブログトップ

★ モネ 大回顧展 in 国立新美術館 [博物館美術館]

行って来ました、モネ 大回顧展!

あの、日傘の女性がやってくる、と言うので、早起きして
行って来ました。

.

さすが、人気のモネ、朝早くから行列です。
それでも、待ち時間は、そんなに長くありません。

.

日傘の女性は、オルセー美術館に並んで展示されている
2枚のうち、向かって左側のものが 来ていました。

こちらの写真は、右のもの → ★ オルセー美術館 ★

.

さて、日傘の女性、意外と入り口に近いところに
飾ってあると思ったら、今回のモネ展は、とても奥が深い!

大回顧展 と銘打つだけのことは ありました。

日傘の女性 の他に、有名なところでは、サン ・ ラザール駅 や
1878年パリ万博の祝祭 などもありました。

でも 感動したのは、一つには、雪景色の絵
雪が白ではなく、青や紫で表現されています。

.

そして、画像はありませんが、イギリスの風景の連作。
霧深いイギリスの街並みが素晴らしい。

ここには、何枚かの絵が並べて掲げられていて、それぞれ、
少しずつ天気 ・・・ 霧の濃さ ・・・ が違うんですね。

なんとも興味深い展示方法です。

.

また、これも 画像がありませんが、ポプラ並木の連作。
こちらは、季節を替えて ほぼ同じ構図が並んでいます。

もちろん、睡蓮の絵も圧巻でした。

.

世界中から モネを集めてきた! と言うだけあって、
画家が同じ構図で何枚も絵を描いたことが分かる!

これは、オリジナル所蔵の美術館でも、これだけモネが
並んでいることはありませんから、世界中から集めて
きた と言うこの展示会ならではでしょう。

.

良い美術展です。 是非ご覧を!

国立新美術館の 緑も美しくなっています。

.

.


nice!(10)  コメント(18) 
共通テーマ:アート

レオナルド ・ ダ ・ ヴィンチ展 ★ 「受胎告知」 [博物館美術館]

行って来ました、レオナルド ・ ダ ・ ヴィンチ展 (^o^)

.

目指すは、名画 「 受胎告知 」 ですね。

週末、朝早くから並んでいましたけど、思いの外、
ゆったりと 鑑賞することが出来ます!

しかも、わりかし近くから。

.

遠近法と言うけれど、なんとなく平板な感じもして、
不思議な絵だなぁ、と言う感想です。

.

ちなみに、この展覧会は、実質 この絵 1枚だけです ( 笑 )
広い博物館の庭をお散歩でもして、行列が短くなった頃を
見計らって入るのも良いかもしれません。

.

.


nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

★ ポンピドーセンター展 in 国立新美術館 [博物館美術館]

行って来ました、国立新美術館!
目指すは、ポンピドーセンター展 ・・・
目指すは、シャガール ・・・

さて、地下鉄六本木駅を降りて、国立新美術館へ。
こちらが正面入り口ですから、あの有名な波形の
デザインが ドーン! でございます。

ガラス張りの波形、とても変わった感じ。
中は、と言えば、がらんどう、というか、普通のガラス
張りの中なんですね。

だから、これ、ほんと デザイン! なんです。

空中に、2階にあたるところに喫茶店、3階にあたる
ところに ブラッスリー があります。
円錐を逆にして、その上にお店がある。

頭の中では考えついても、本当にそうしちゃう
ところが凄い!
空間を贅沢に使っています。

これは、良い! ポイント高いっす!

.

さて、ポンピドーセンター展は、2階のスペースでした。

10時の展示開始と共に、屋外のチケットブースで
チケットを買って、入場したら、ちょっと早足で ・・・
藤田さん、後で来るから、ちょっと待っててね~

っと、シャガールに向かいます。

.

シャガールの エッフェル塔の新郎新婦

これ、展示方法がまた素晴らしい!

ガラスケースもなく、仕切り柵もない。
シャガールの筆のタッチが、間近で見られます!

感激ですね (^o^)

館内の写真禁止が残念だったけど、頑張ってるよ、
日本の美術館!

.

.

その後は、藤田さんに引き返し ・・・

チケットをデジカメで撮った画像では、ちょっと
分かりにくいんですが、この絵、とても繊細な
タッチで描かれています。

.

.

で、出口付近のショップでは、モディリアーニの
デミカップを買いました。

.

.

その後は、お約束のランチ!

空中に浮かぶ 3階の ブラッスリー は、長蛇の列。
でも、やっぱり、ここに並びますよね。

「 ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ 」

この ブラッスリー も、また、良い感じなんです。
お値段は、ランチ 2500円。

プリフィックスで、3皿選ぶんですね。
値段だけだと、結構 高級なランチですが、ここは、
あくまでも、ブラッスリー ・・・ 決して、フレンチ レストランでは
ありません。

マダムが出てきて 「 うちは鴨料理が得意なんです 」
なんてことにはなりません。

でも、ほかの施設付設のレストラン?だと、なんとも、
千数百円のランチで、高級感がないのですが、
ここは違う。

高級感漂う ブラッスリー なんです。
そういうところが気に入りました!

.

・・・ と言うことで、いつになく、長文になりました (笑 )

.


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★ オルセー美術館展 in 東京 ★ [博物館美術館]

上野の東京都美術館で開催されている
オルセー美術館展に行って来ました。

お目当ては、ポスターにもなっている、
ゴッホの 「 アルルのゴッホの寝室 」

この、独特の黄色系の色づかい、
なんとも言えず、良い感じなんです。

ミュージアムグッズは、今回は、お馴染みの
メモパッドがなく ・・・ おっと、その代わり ?
ゴッホのハンカチがあったので、買ってきました。

.

.

今年は、ポンピドーセンターの シャガールも来るので、
なかなか充実しています (^o^)

.


nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

★★ プラド美術館展 ★★ [博物館美術館]

駆け込みで行って来ました、プラド美術館展 (^o^)
雨の週末でしたが、かなり人気。

夕方、4時前についたので、駆け足で見学です。

マドリードの プラド美術館 で見た、エルグレコの絵の
独特の表情に再会です (^o^)

.


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

■■■ プーシキン美術館展 ■■■ [博物館美術館]

東京都美術館の プーシキン美術館展に行って来ました。
★ こちら ★

.

4時前に着いたら、なんと入場待ちの列!
中に入っても、絵の前は、何重もの人垣 ・・・

これは困った、と、しばらく待っていたら、やがて入場締め切り
となり、だんだん人が減ってきた (^O^)

と言うことで、ルノワールの絵を、誰もいなくなった展示室で
ゆっくりと見ることが出来ました。

.

お隣の展示室では、モネの 「 積みわら 」 と 「 睡蓮 」
こちらも、ソファに腰掛けて、のんびりと鑑賞です。

ただ、閉館時間が迫っていますから、途中はは省略して、
マチスの金魚へ。

.

こちらは、出口に近かったので、まだ、人垣がありましたが、
それほどでもありません。

短い時間でしたが、お気に入りの絵をピックアップして、
充実した ひとときでした (^O^)


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

■■■ フィリップス コレクション展 ■■■ [博物館美術館]

フィリップス・コレクション展 初日に 行って来ました。
六本木ヒルズの52階で開催しています。

今日は初日だったんですが、人も少なく、とても、ゆっくりと見ることが
出来ました。
会場は、なんとなくゆったりしていていました。

メインのは、やっぱり、ルノワールの 「 舟遊びの昼食 」 でしょうか ・・・
ポスターになっているものですね。 この絵は、とても大きく、1 枚だけ、
区切られたところに展示されていました。
その近くには、ソファーもあって、ゆっくり眺めることが出来ます (^o^)

ゴッホの絵の前にも、ソファーがあって、こちらも、気楽に眺めることが
出来ました。

外国の美術館のような、ちょっと良い感じの展示でした (^o^)

.

.


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

■■■ ベルリンの至宝展 ■■■ [博物館美術館]

ベルリンの至宝展が、東京国立博物館平成館で、
開催中されました (2005/4/5~6/12)
ドイツのベルリンにあった博物館島が、2015年に向けて
復興中なんですが、その至宝が東京に来ていました。 → ★ こちら ★

「ベルリンの」至宝展、と言うと、ベルリン由来のものの思ったりも
しますが、そうではなくて、ベルリンの博物館に所蔵されていた至宝、
と言うことで、古代エジプトから現代に至るまでのいろいろなものが
展示されていました。

例えば ・・・

★ クレオパトラの頭像
 生前に作られたものらしく、29才の頃、と言うことです。
 現代的視点からでも、端正なお顔だちです、ハイ (^o^)

★ ティイ王妃の頭像
 3千数百年前の小さな像(部分)ですが、その、リアルさにビックリ。

★ ボッティチェリの 「 ビーナス 」
 細かい金髪の描写が素晴らしい (^o^)
 図録やポスターではとても分からない。
 やはり、絵は、本物を見ないと!!!

.

音声ガイドは、1時間ほどですが、それでは、とても足りない。 じっくり
見ると、2時間以上かかるんでは ・・・ 最近では、とても充実した展示でした。

ベルリンの博物館島は、復興すると、ルーブル美術館に匹敵するものとなるとか
・・・ 2015年には、きっと、空港も大きくなっているでしょうから、そのときは、
ドイツで再見ですね。

と言うことで、お土産は、お洒落な缶に入った クッキーです (^o^)

.



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
博物館美術館 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。